知られざる塩素の害

異常に高い塩素濃度

水道水に塩素が入っていることは、誰でも知っています。そして塩素が発ガン性のトリハロメタンの元になっていることも大体の方がご存知でしょう。

しかし、塩素がどのくらいの濃度で入っているかを知っている方は少ないはずです。

水道の蛇口で0.1ppm以上の塩素が必要塩素は水道水の殺菌を目的に水道法によって、今お使いの蛇口から0.1ppm以上の濃度を保つように定められています。

ppm(ピーピーエム)とは100万分の1の単位です。水道水1リットル中に1mgの塩素が入っていると1ppmとなります。

問題はこの0.1ppm以上の「以上」というところです。これは、0.1ppm 以上であればいくら濃くてもよいことを意味しています。

実際私もあちこちで「残留塩素試験紙」を使って測定していますが、東京、大阪、福岡等の大都市では1.0~1.5ppm、他の地方都市においても0.4 ~ 1.0ppm の高濃度の塩素が測定されています。

一方、ヨーロッパ諸国では、地下水を水道水の原水にすることが多く、水が元々きれいなこともあり、塩素が注入されていないか、あっても0.1ppm 以下と規定されています。

日本は川の水を原水にすることが多く、川の水がかなり汚れていること(これは水を汚した私達自身に問題があります)、さらには浄水場において急速ろ過方式といって大量の塩素と薬品によって水を浄化する方法が採られていることもあって、その結果、世界でも類を見ない高濃度の塩素が水道水に含まれており諸外国と比較しても5 ~ 15 倍程度多いと考えられます。

塩素量が多いということは発ガン性のトリハロメタンの発生量もおのずと増えている訳です。

塩素そのものは本当に安全なのか

塩素が発ガン性のトリハロメタンの元になっているから危険である。というのはよく言われていますが、塩素そのものの危険性についてはあまり知られていません。「塩素は無害な薬品で少量の使用なので問題ありません」というふれこみですが、わずか0.1ppmで菌を完璧に殺すことができる薬品が諸外国の5 ~ 15 倍含まれている水道水が本当に安全なのでしょうか。塩素は食塩から苛性(かせい)ソーダ(化学工業には必ず必要な物質)を造る際に、副産物として大量にできる薬品です。

低コストな上、殺菌力も強く、その消毒効果は絶大です。我が国では、コレラや赤痢やチフスといった恐ろしい伝染病を防ぐ役割をはたしてきましたが、その弊害にも目を向けて研究する必要があると思います。

塩素(Cl2)は水と反応し次亜塩素酸(HClO)を生じ、続いて塩酸(HCl)と活性酸素(O)に分解します。この活性酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、組胞を破壌し人体に悪影響を及ぼすとの研究結果があります。特にアメリカでは塩素の害の研究が進んでいます。

アメリカでの研究では、
塩素に触れたり、吸ったりした場合、皮膚やのどの粘膜から水分を奪い、例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになりますし、小じわの原因にもなると報告されています。

さらにアレルギーで肌トラブルに悩む方には塩素は大敵です。塩素はまた呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息等の呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。

その他塩素は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、アレルギー疾患そのものとの関連も取りざたされているのです。

シャワーやお風呂の危険性

1986 年の米国化学学会では、シヤワーを浴びたりお風呂に入ると呼吸ならぴに皮膚吸収により塩素が体内に取り込まれ、その摂取量は水道水を飲んだ場合のそれと比較すると、6 ~ 100倍と高く、人体への影響は無視できないと報告されました。

塩素は気化しやすいため(25℃でガス化)、シャワーを浴びる過程でガス化した塩素を、狭い浴室で吸引することになるから

と考えられます。
つまり、飲み水だけ「ペットボトル水」や「浄水器の水」に変えてもシャワーやお風呂に入ればその危険性からは逃れられないということになります。

水道水は飲むよりシャワーやお風呂が100倍危険!

日本の水道事情を考えた時、塩素を除去する何らかの対策を講じる必要があると思われます。

飲料用浄水器やシャワー浄水器だけでは片手落ち

飲み水には浄水器を、シャワーにはシャワー浄水器を付けるのが当たり前の時代になってきました。ペットボトル入りの水を購入する方も急激に増えています。しかしこれだけでは塩素の危険性から逃れるには不十分なのは前述の通りです。キッチンに飲料用の高性能浄水器を設置したり、ペットボトル入りの水を購入しても、洗い物は塩素たっぷりの水道水とお湯でお皿を洗いますよね。

お米だって、浄水器の効果を発揮する正しい使用量ではお米を研げませんし、まして「ペットボトル入りの水」でお米は研がないですよね。そこで最初は水道水で洗って、最後だけ浄水や「ペットボトル入りの水」を使う方が多いのですが、お米は最初に触れた水を吸収するので、その瞬間塩素がお米のビタミンを破壊します。野菜も同様です。

シャワー浄水器は寿命が短い!浴室のシャワーヘッドにシャワーヘッド型浄水器を取り付けるのが流行っていますが、お風呂はどうするのでしょう。湯船にシャワーのお湯を貯めたらあっという間に浄水効果は無くなります。

そもそもシャワーヘッドのような狭い空間にフィルターを詰め込むこと自体無理があります。(頻繁に交換が必要なのですが、ほとんどの場合は交換時期が遅れます。)

洗顔はどうでしょう。最近は朝シャンも当たり前ですが、こちらも塩素たっぷりの水とお湯で洗ったらどんないい化粧水もムダになりそうです。

歯磨きはどうですか?いちいち浄水器の水で歯磨きする人は少ないはずです。歯磨きは粘膜に直接塩素が取り込まれるので危険性が高まります。

粘膜と言えば「ウォシュレット」のようなシャワートイレも塩素たっぷりの温水が直接体内に入ってくる危険な場所です。シャワートイレの普及は大腸ガンの増加の一因ではないかと疑われています。

つまり家中のすべての蛇口から浄水を得られるようにしない限り「片手落ち」と言えるでしょう。

そこでこの問題を解決するために生まれたのが家中まるごと浄水器「ピュアセントラル」なのです。「ピュアセントラル」を設置すれば、家中全ての蛇口から塩素のない浄水が得られます。飲み水はもちろん、シャワーもお風呂もあのいやな臭いが無く快適そのもの。一度使うと手放せません。

→NEXT CONTENTS [次のおすすめコンテンツ]
一般的な浄水器は「養魚用などに使用しないで下さい。」と注意書きがあるのをご存じですか?金魚が飼えない浄水器を使って大丈夫なのでしょうか?あなたの素朴な疑問に答えます。さらにこの注意書きに隠された重大な秘密を明らかにします。

 

→水の正しい知識や業務の様子を社長とスタッフのブログで紹介しています。

 

弊社が独自に開発した家中まるごと浄水器「ピュアセントラル」」の概要はこちら
はじめてのお客様ガイド~5分で分かる家中まるごと浄水器
家中まるごと浄水器とは?

 

今すぐ資料請求へ

こんな方におすすめします。
新築・引っ越しを機に浄水器を探している方
お風呂やシャワーをより快適にする浄水器を探している方
浄水器・浄水機って色々ありすぎてよくわからんって方
●全国無料発送中。お申し込みは今すぐ下記をクリックして下さい。
よそでは手に入らない0.1ppm単位で測れる「残留塩素試験紙」の特典付!
資料請求フォーム 
こちらから営業電話は一切しません。安心してお申し込み下さい。