セントラル浄水器の設置例や水のコラムを紹介。

リフォームしますが、配管はどうしたらいいですか?

こんにちは。家中まるごと浄水器の小野志郎です。

お客様から配管について質問がありました。

築20年のお宅をリフォームされるとのこと。

水道の給水管(配管)は、水道メーターから、お宅までは、
ご自身の財産で自己管理となります。

築20年だと、配管はほぼVP管(塩ビ管)です。
鉄管より汚れがつきにくく、安全性も高いのですが
年月により「劣化」してもろくなる性質があります。


水道の配管は、人間に例えると血管にあたります

できればリフォームの際に最新のHI管(塩ビ管)に交換
されることをおすすめしました。

もし、配管に鉛管が使用されている場合は、全撤去をおすすめ
しています。鉛管は健康被害をもたらす危険性があるからです。

水道の配管の種類は、地方自治体のルールで、決められている
こともあります。

HI管(塩ビ管)の使用が義務つけられている地域もあれば、
ポリエチレン管のところもあります。

弊社では、鉛管を除き、あらゆる配管に接続できるように
浄水器を設計しています。

最近は、ステンレス管の需要も増えてきました。

どんな管にも対応できる技術と実績の積み重ねが自慢です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

社長プロフィール

代表取締役:小野志郎

プロフィール

自己紹介:社長の小野志郎です。私はフィルターメーカーの出身で・・・

続きを読む

Facebook

最近のコメント